コーヒーグラインダー、その美しさ。

グラインダー

こんにちは。

最近調子の悪かったコーヒーグラインダー。
そろそろ限界に達していたので、メーカーにオーバーホールに出しました。

各部のチェックと肝心要のグラインディングディスク(つまり刃ですね)の交換を済ませて戻ってきた愛機は、まるで別人のような、もしくは生まれ変わったかのような鋭い切れ味と機敏な動作を身に着けていました。

それにしても、グラインダーというマシンはつまりコーヒー豆を抽出に適した粒子に粉砕する機械なのですが、その機能はもちろんのこと佇まいが必要以上に非常に美しいんです。

今回修理に出したのは写真右端のマルケニッヒというメーカーのガテマラというモデルなのですが、これなど一粒数グラムの豆を挽くのにこんな巨体と重量(20㎏近くあります!)が何故必要なんだろうと考え込んでしまうほどのマシンです。
が、これが巨大な音を出しながら瞬時に豆を粉砕していく姿を目の当たりにすると、ああなんて美しいんだろうと惚れ惚れとしてしまいます(殆ど親バカの世界です)。

真ん中のプッチーニというマシンも小型軽量ながら機能美に徹した箱型、ステンレス筐体にうっとりとします。

左端のデロンギもさすがイタリアメーカーと思わせるポストモダンな佇まい。たまーに淹れるエスプレッソには欠かせない相棒です。

正確に粒が揃った豆を素早く挽けて、なお且つ丈夫であればそれがコーヒーグラインダーとして「良い機械」なのですが、毎日接するものだけにその「見た目」も抽出というある種の儀式にとってはモチベーションを左右する非常に重要な要素であるのだなと思います。

もちろんこれはグラインダーだけに言えることではなく、ドリップのためのフィルターであったりガラスポットであったりサイフォンであったりしても、模倣ではないオリジナルの美しさは何物にも代えがたいものがあります。

そんなわけでこれからもこの機械たちと末永く付き合って美味しいコーヒーを淹れていきたいなと思った次第です。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

江古田珈琲焙煎所のスタッフ

Author:江古田珈琲焙煎所のスタッフ
東京は中野区の北端、江古田の地で珈琲を焙煎しています。店舗では、珈琲豆の販売に加え、小さな喫茶スペースで手作りのケーキ・パンもご提供しています。
住所:東京都中野区江原町2-7-19
電話:080-3310-2719
営業時間:10:30~19:00
定休日:火曜日
coffeeroaster@kanto.me

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR