【臨時】開店時間変更のお知らせ、新しいメニューのご紹介など

こんにちは。

今週の土曜日、11月28日は大変申しわけございませんが、都合により開店時間を通常より
1時間遅れの11時30分とさせていただきます。


ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞ宜しくおねがいいたします。


先週こちらでご紹介したブラジルの新豆ですが、おかげさまで大変ご好評をいただいております。
そしてまた、新しい豆が仲間入りいたしました。

パプアニューギニア・シグリ農園・AA    一杯 420円/豆100g 490円

香りとコク、程よい苦みがバランスよく感じられる、飲みやすい珈琲です。
まろやかな甘味のなかに、ほんの僅かな酸味とスパイシーさが絶妙に花を添えます。
こちらもどうぞお試しください♪


ところで、当店では珈琲豆、喫茶といっしょに、ささやかではありますが手作りの小物や古い食器
などの雑貨、珈琲関連器具なども取り扱っております。
手作り小物は現在のところ少しお休み中なのですが、今回はそんな品々を少しご紹介したいと思います。

Dセット黄色
Dセット黄緑色


お店でも使用している「コーノ式名門ドリッパーセット」、その黄色と黄緑色のモデルです。
明るい色が、毎日の珈琲生活を華やかに演出してくれそうです。
こちらは税込4,400円です。
通常の黒色で、透明色のフィルターのモデルも取扱っています(同3,880円)。

この他、珈琲関連商品ではコーノ式の器具を数種とペーパーを販売しています。

アダムスカップ

イギリスのアダムス(ADAMS)社製のデミタスカップです。
詳しい製造年はわからないヴィンテージ品ですが、バックスタンプにはウェッジウッドグループとあるので
同社に吸収された1960年代以降のそれほど古くない製品だと思います。
白地に映える青がとても美しく、年を経ることで独特の味わいも出ています。
こちらは2客セットで税込1,800円です。

古い雑貨では、現在はこのほかにゲフレ社のカップ、コーニング社のパイロセラム鍋、西ドイツ製S&P瓶
があります。

ささやかな品揃えですが、これからも少しずつご紹介できたらなと思っております。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

江古田珈琲焙煎所のスタッフ

Author:江古田珈琲焙煎所のスタッフ
東京は中野区の北端、江古田の地で珈琲を焙煎しています。店舗では、珈琲豆の販売に加え、小さな喫茶スペースで手作りのケーキ・パンもご提供しています。
住所:東京都中野区江原町2-7-19
電話:080-3310-2719
営業時間:10:30~19:00
定休日:火曜日
coffeeroaster@kanto.me

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR