期間限定豆、丸善のインキ瓶、芍薬のことなど

こんにちは。

ゴールデンウィークも瞬く間に過ぎ、真夏のような日差しと早春のような冷たい雨が交互に訪れる
身体にこたえる日々が続きますね。

ご案内がすっかり遅くなってしまいましたが、期間限定豆第二弾のお知らせです。

「ケニア AA」 (深煎り)   一杯/450円  豆100g/520円
豊かな香りと、力強いくっきりとした苦味が同居しています。
後味に広がる重厚感のあるアロマが魅力的です。

かねてからご要望を多くいただいていたケニアが満を持して登場です。
GWから始まったこの豆ですが、ご好評をいただいており生豆の在庫が少なくなってきました。
ぜひ、お早目にお試しください!


丸善インキ瓶と芍薬

お客様から芍薬のお花をいただきました。
このお花は、珈琲を淹れたあとの粉を肥料にして育てられたそうです。
いただいたときにはピンポン玉くらいの大きさの蕾だったのですが、いまは掌を広げたくらいの立派な
花を咲かせています。

そしてこのお花を生けている花瓶です。
こちらもお客様からいただいたものなのですが、実は本来は別の用途で使用されていたものなのです。
その正体は、書籍や文具の販売で有名な「丸善」が明治から大正にかけて製造販売していた陶器製の
「万年筆用のインキの瓶」。
インキ瓶とはいえ、現在のような型挽きのものではなく、ひとつひとつ常滑の職人さんがろくろを回して
作った製品です。
製造から100年近い年月を経て、味わい深い趣を漂わせています。



風船
GWに出席した友人の結婚式での光景です。
列席者一同が放った風船は、二人への祝福の気持ちを乗せて熊本の空へと飛んで行きました。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

江古田珈琲焙煎所のスタッフ

Author:江古田珈琲焙煎所のスタッフ
東京は中野区の北端、江古田の地で珈琲を焙煎しています。店舗では、珈琲豆の販売に加え、小さな喫茶スペースで手作りのケーキ・パンもご提供しています。
住所:東京都中野区江原町2-7-19
電話:080-3310-2719
営業時間:10:30~19:00
定休日:火曜日
coffeeroaster@kanto.me

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR