新しい珈琲豆、休日の出来事、などなど

こんにちは。

ここ数日の寒さで公園の木々もすっかりと色づき、秋が駆け足でやってきた気がします。
先日の定休日、そんな短い秋が瞬く間に去っていくまえにと、小さな旅に出かけました。


行先は群馬県の横川。「峠の釜めし」で有名な駅です。
横川駅と隣駅軽井沢間には碓氷峠があり、その急勾配はかつては国内鉄道屈指の
難所として知られていましたが、長野新幹線の開通とともに信越本線は横川止まりとなり
峠を越える鉄道はその役目を終えました。

横川以降は廃線となったため一部を除きレールは取り外されましたが、現在はその軌道跡が
途中の熊ノ平駅跡まで「アプトの道」というハイキングコースとして整備されており
この時期は紅葉と鉄道遺産を同時に楽しめるということで、非常に人気があります。


今回の旅では、高崎-横川間を走る「SLぐんまちゃん号」で念願の蒸気機関車初乗車を果たす
ことが出来たのみならず、横川駅では本場の「峠の釜めし」を堪能し、初体験の廃線跡の散歩では
66.7‰の標識を間近で観察、さらには普段は入ることが出来ない丸山変電所跡の内部を
見学したりと、実は「隠れ鉄ちゃん」である我が家にとっては非常に充実した休日となりました。

もちろん紅葉も今が盛りで、快晴の青空に映える美しく色づいた木々には思わず見入ってしまい
ました。

アプトの道

今度はまた違う季節にも訪れたいと思う、そんな素敵な小さな旅でした。



ここで、新しい珈琲豆の紹介です。

ブラジル・一番摘み・カタンドゥーバ農園・ブルボンクラシコ・ピーベリー
一杯 420円/豆100g 490円

力強い甘味と香ばしさを持ちながらも口当たりは柔らかい、飲みやすい珈琲です。
小さな粒に豊かなフレイバーが凝縮されています。2015年産の一番摘みです!

実は少し前から登場しているのですが、こちらでのご紹介が遅くなってしまいました。
たいへんご好評をいただいております!


豊玉北の猫








スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

江古田珈琲焙煎所のスタッフ

Author:江古田珈琲焙煎所のスタッフ
東京は中野区の北端、江古田の地で珈琲を焙煎しています。店舗では、珈琲豆の販売に加え、小さな喫茶スペースで手作りのケーキ・パンもご提供しています。
住所:東京都中野区江原町2-7-19
電話:080-3310-2719
営業時間:10:30~19:00
定休日:火曜日
coffeeroaster@kanto.me

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR